鏡を見たときに「小じわ」が目立つと、少しがっかりした気分になります。

これまで、小じわを目立たなくするため、化粧品やエステなどにお金をかけてきたけど、期待する効果が得られなかった、という方も多いのではないでしょうか。
小じわができてしまったら、根本的な対策を取らない限り、自然に解消することはありません。
小じわができてしまう原因を理解し、本当に効果のある化粧品を選ぶようにするべきです。


■小じわができてしまう原因は?

まず、皮膚の表面にできる細い筋目のことを「しわ(皺)」といいますが、一般には、

 1.老化
 2.乾燥
 3.紫外線によるダメージ

などでできるといわれています。

老化による小じわの発生は、皮膚の中にあるコラーゲンやその隙間にあるヒアルロン酸が減少してしまうからです。

乾燥した土地に、しわのようなヒビがみられることがありますが、水分を失った肌も同じように小じわとなって現れるのです。

また、乾燥肌の人に小じわが目立つ傾向がありますが、これは、もともとのコラーゲン・ヒアルロン酸の量が不足している状況です。

何らかのきっかけで、皮膚に癖がついてしまい、それが小じわとなって残ることもあります。

さらに、シミやそばかすの原因といわれる「紫外線」も小じわの原因になります。

肌のハリを保つコラーゲンを破壊していきますので、十分な対策とけがが必要です。


■小じわができてしまったら?

小じわができてしまったら、皮膚の中で不足している

 ・コラーゲン

を補う効果がある化粧品を使用してください。

市販されている化粧品に「コラーゲンたっぷり」といううたい文句の商品が多くありますが、問題は、

 いかに浸透させるか?

です。

皮膚の奥に浸透させるには高い技術力が必要ですので、浸透力のない化粧品は、いくら使っても効果が見られません。

アヤナスのような実績のある化粧品を使うようにし、食生活の見なおしや紫外線のケア・予防をしていくようにするといいでしょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.12